WEB限定キャンペーン中
→赤ら顔対策化粧水はこちら

赤ら顔が治らない。。。

赤ら顔,化粧水アおすすめ

 

赤ら顔を治す方法を探していますか?

 

赤ら顔って、1番目につく顔が赤くなるのでイヤですよね。

 

赤ら顔,化粧水アおすすめ

 

私はちょっと前まで赤ら顔で悩んでいました。
冬だけでなく夏場も顔が赤いんです。。。

 

女性の場合はメイクで隠せると思われがちですが、お肌が敏感になっているせいか、今まで使っていたファンデも合わなくなって、どんどん顔が赤くなっていきました・・・

 

一度病院に行ってみて薬を処方されたんですが、それでもダメでしたね。。
かゆみがある時はおさまるんですが、私の場合はかゆみがない時でも赤ら顔なので・・・

 

赤ら顔で困るのは、人と会わないといけない時です。
とくに初対面の人が多く集まる場所では恥ずかしくてしょうがありません。。。

 

病院の薬でダメだった私は低刺激の化粧水やオーガニックコスメを試してみましたが、最終的には赤ら顔専用の化粧水で治りました。

 

赤ら顔,化粧水アおすすめ

 

私が使ってよかったなと思ったのは、赤ら顔対策はこれ1本でOKの化粧水【ウルウ】です。
赤ら顔,化粧水アおすすめ

 

WEB限定キャンペーン中
→赤ら顔対策化粧水はこちら

 

赤ら顔対策化粧液【ウルウ-ULU-】の特徴

 

赤ら顔を治す方法として保湿が重要らしいのですが、私が出会った化粧水のウルウは「赤ら顔に特化した専用の化粧水」というのが良かったみたいです^^

 

ウルウは、導入液、化粧水、乳液、美容液、ふきとり化粧液の5役をこなしてくれるので、洗顔後はこれ1本でOKですよ。

 

あれこれつけるのってたいへんだし、肌をこするだけでも刺激になってよけいに顔が赤くなりそうな気がしませんか?

 

それに、何種類もの化粧品を買うのってお金がかかります・・・
私はウルウに出会う前に、赤ら顔を治したくていろんな化粧品を買い集めていました。

 

顔が赤くなるのは自分が敏感肌なんだろうな・・と思って肌に優しいオーガニック化粧品とかを買っていたので、けっこうなお金を使ってしまいました((+_+))
ウルウは3,600円なんで、普通のニキビ対策用の化粧水よりは高いですが、乳液や美容液を別で買わなくていいので、実はコスパがいいです。

 

赤ら顔に悩んでいて、何を買ったらいいのかわからない・・・という場合はまずウルウがいいんじゃないかなと思います。
完全無添加で浸透力が高いので、たぶん気に入ると思います^^

 

それにウルウは男性の赤ら顔にも使える化粧水なんです。
男の子にもオススメですよ。

 

男性は女性みたいに赤ら顔をメイクで隠すことができないからたいへんですよね。

 

 

美容液ならアカラフォーミュラ(美容液)という美容液もみつけました。
こちらは私は使っていませんが、冬に向けて赤ら顔対策したい人や、美容液を探している人にいいでしょうね。

 

値段はウルウよりお高いですけど・・・^^
ウルウを使ってみても効果がない・・っていう場合にはアカラフォーミュラ美容液を試していたと思います。

 

赤ら顔スキンケアランキング

ネットで口コミを調べて、赤ら顔に効果がありそうな順にランキングにしてみました。
1位はもちろん私も使っているウルウです。

 

赤ら顔対策化粧液【ウルウ-ULU-】

日本ドライスキン研究所がだしている赤ら顔対策の無添加化粧水ウルウ。
『化粧水』ですが、オールインワンで保湿してくれる美容ミルクです。
肌の赤みのケアも同時にしてくれるのが気に入っています。
→詳細・通販はこちら

 

アカラフォーミュラ(美容液)

アカラフォーミュラは赤ら顔のスキンケア専用美容液です。

 

リピート率が高く、男性で赤ら顔に悩む方が多く使っているのが特徴です。
そういえば、私のまわりでも赤ら顔で悩んでいる男性がけっこう多いですね。

 

使い方は朝と晩の洗顔後につけるだけのシンプルなスキンケアデ簡単です。
無添加で美桜成分も入っているので少し値段がお高いですが、何をやっても赤ら顔が治らない方にはおすすめです。
→詳細・通販はこちら赤ら顔,美容液

 

赤ら顔化粧水 ビタK レッド× トナー

『ビタK レッド× トナー』は赤ら顔に効くというビタミンKが入った化粧水です。

 

赤ら顔用のスキンケア化粧水なので、鼻周りが赤い、頬が赤いといった状態だけでなく、温度差ですぐに顔が赤くなってしまう方に最適です。
ビタミンKが赤ら顔に効果があるというのは有名ですが、それは血液の流れをスムーズにする効果があるからですよ。

 

皮膚科医が開発しているので肌に優しく安心です。
肌に有害な成分は一切入っていません。
→詳細・通販はこちら

 

ここからのコンテンツ

  • 赤ら顔の原因と対策
  • 赤ら顔の原因と治し方
  • 病院に行くことも検討してみる

赤ら顔の原因と対策

赤ら顔でお悩みの方は少なくありません。
赤ら顔とは、毛細血管拡張症という病気です。

 

赤ら顔になる原因には幾つか考えられます。
皮膚が薄いことで、毛細血管が表面に浮き出てしまうことや、寒暖の差によることから起こる毛細血管の拡張によるものになります。
または、ニキビなどが原因による炎症や、アルコールや香料による影響です。

 

皮膚の厚みが原因とされる問題は、生まれつきの体質が大きく関係し、薄いからと言って簡単に厚く出来るという解決策には至りません。(赤ら顔の為に太る訳にもいきません。)
寒暖の差による原因に関しましては、特に寒冷地では室内・室外の温度差が激しい為に起こる、血管の拡張収縮が赤ら顔を作ってしまいます。
ニキビなど皮膚の炎症によるものは、炎症を起こしている周辺の血管が拡張していることで赤くなります。
炎症が続けば、皮下組織に赤色の色素沈着が進む状態になりますので、更に赤肌が広がる場合があります。

 

では、対策はどのようにすれば良いのでしょうか。
ご自宅で簡単に行える対策法をご紹介します。
洗顔は、爪を立てず手のひらで優しく円を描くように行ってください。
特に、薄肌の方には、元々の薄い肌を削るような洗顔はご法度です。

 

また、特に女性の皆さんには、お肌に塗布する化粧品に注意が必要です。
出来るだけ刺激物や添加物が含まれている化粧品は避けてください。
また、常に保湿を心がけることが大切です。
ヒアルロン酸やアミノ酸が含まれているものを選びましょう。

 

赤ら顔スキンケアランキングへ

 

赤ら顔の原因と治し方

赤ら顔とは、何らかの原因で顔が赤い人を指します。
原因は、生まれつきと皮膚自体に原因の2つがあります。

 

生まれつきとは、元々顔の皮膚が薄く、普通は見えない毛細血管が見えている状態です。
緊張した時や酒を飲んだ時、気候の変化等で膨張して赤く見えるのです。

 

皮膚自体の原因とは、皮膚に炎症が起きている場合です。
ニキビがそうですが、ニキビそのものとニキビ跡が炎症を起こしうっ血して赤く見えてしまいます。

 

皮脂の分泌が多くなり、その皮脂が酸化して炎症が起きる場合もあります。
これらは正しく治療しないと慢性化してしまう上に、残念ながら自分では簡単に治せません。

 

体質から変えないと根本的な治療にならないので、皮膚科や専門の医療機関を受診して下さい。

 

ここでは、自分でも出来る悪化させない対策を紹介します。
それは体質とスキンケア方法の改善、化粧品を変えるなどです。

 

体質改善は、血管膨張の原因となる嗜好品や香辛料の刺激物を控えましょう。逆に、美肌の元ビタミンCや緑黄色野菜と魚類はたくさん食べましょう。
つまり、ヘルシーな食生活を心がけて下さい。

 

スキンケアの改善は、洗いすぎをやめましょう。
肌に刺激を与えないように、朝夕の洗顔で十分ですからたっぷりの泡で優しく洗って下さい。

 

洗顔剤は、刺激の強い特にピーリング効果のあるものを避けましょう。
正しい洗顔が私たちに出来る一番の対策です。

 

炎症を起こしているときは、ビタミンCの入った化粧水や美容液を選びましょう。
ニキビで赤ら顔の場合は、出来れば化粧をしない方がいいです。

 

肌への刺激になりますので、炎症が起きている時だけでも避けて下さいね。

 

赤ら顔スキンケアランキングへ

 

赤ら顔 病院に行くことも考えてみる

真っ赤な顔した「赤ら顔」。

 

子供の頃は、みんなに馬鹿にされたりしていた人が多かったと思います。
私が小学校の頃にも何人かいました。

 

人それぞれで生まれつき赤い子もいれば、季節によって肌荒れをして赤くなる子もいました。
お父さんやお母さんがいつも赤い顔をしていて、それを言われている人もいました。

 

季節によって赤くなる子は、その時期になるとみんなに心配されるのですが、いつも赤い子は心配もされず、いつの間にか当たり前になっていて、からかわれることもありませんでした。
馬鹿にされたり、からかわれても最初だけで見慣れてしまい、誰もそのことに触れなくなったものです。

 

いつも赤い顔をしている人は体質的にそうであって、お酒や暑いとき、恥ずかしいときに赤くなるのと同じで変えようがありません。
肌荒れなどだとそうなる原因が他にもあるあるかもしれません。

 

食べたものや触れたもの、いろいろと考えられます。
気になったら、すぐに病院で見てもらうようにしたほうがいいですよ。

 

原因や症状によっては、とても長引くものもあり、アトピー肌だと何年もかかるかもしれません。(一生おつきあいしていくことにもなりかねませんね)
私の子供も友達の子供も合う薬がなかなか見つからず、とても長引きました。その症状も場合によっては、喉などに炎症が広がり呼吸も苦しくなることもあることを聞きました。

 

私の子供はそこまではありませんが、季節によっては肌荒れがひどく可愛そうになります。
症状は人それぞれ違いますし、いつどんな症状が出るのか分かりません。

 

ずっと赤ら顔が治らない場合は病院に行くことも考えてみましょう。

 

WEB限定キャンペーン中

→赤ら顔をたった1本でケア

 

 

赤ら顔スキンケアランキングへ